これはきっと初恋と同じ気持ち

アイドルに全てを捧げたい人生だった

2014.11.24 Miracle デビクロくん

学校仕事学校の三連休でしたユッケです。いつ観に行こうかな〜水曜レディースディだし水曜かな〜といつ観にいくかふわふわしてた相葉さん主演「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」。本当にその場のノリで今日行ってきました!担当グループであろうと自担でなければ基本的に舞台挨拶なども行かない人(正確には自担だけで、お金も時間も手一杯)なので、初見。原作は映画化決まったあと、瞬時に購入して読破してたのでストーリーは知ってた上での視聴です。


まず初めに。原作と映画は別物と考えたほうがいい。違いをまとめると

・光の目指す職業

原作→絵本作家

映画→漫画家

・光と北山の関係

原作→ソヨンに紹介してもらった出版社の編集者

映画→学生時代の漫研の仲間

・光が持ってたもの

原作→ハンカチ

映画→ヒョウの足

・光の書いた運命の人

原作→右手にトナカイを従え、左手に未来の予見を携えた

映画→右手にヒョウを引き連れ、左手に知恵○○を持って(ここ曖昧)

ここまで読み返しながらまとめてみたけどキリがない!!なので光くん関係のものから抜擢してまとめてます。つまり上記の通り原作とは全くと言っていいほど違う!!お互いの想い人と名前は一緒だけど。だから原作読んでても全然わからんかった。終始あれ?ん?あら?って感じで。だから別モンとして捉えることにしてみます。


まず音楽がいい!「ここでその曲か〜!さすが山下達郎さん!」って感じ。使う曲もタイミングも全てがマッチしてて感動でした。ストーリーは、まずデビクロくんが光が自分の中の黒いものを吐き出すために使ってた言わば妄想の存在であるっていうのが理解できない人は見ても「?」ってなる。優しくて、気弱な光は自分の思ったことをはっきり言えなくてすぐにごめんねって謝ることで押し込めるけど、それは後に積もりに積もってデビクロくんという存在通してデビクロ通信で吐き出す。ボムする光デビクロverはとってもイケメンでした。でもわたしはノーマルの気弱な光が大好きです!!!ぜひ結婚していただきたい!!!!!!!!基本的に草食系が好きなんで光はどストライクでした。おめでとうございます。ユッケ結婚したいジャニーズが演じた役ランキングナンバー1に輝きました。「杏奈がいないと…」「杏奈ケーキなんだけど!」「杏奈、ずっと一緒だよ?昔も今も未来も」「杏奈は魔法使いみたいだね!」って犬か!飼い主大好きな犬か!そんな草食系わんこのあなたが好きです光くん。ソヨンのデートのために髪を切って耳にかけてBEAMSのスーツを着てコートを羽織る山本光、いや相葉雅紀の破壊力。ただでさえモデル体型で足長いのに!ずるい!惚れちゃう!あんなイケメンが歩いてたらひれ伏すわ!榮倉奈々ちゃんもスタイル抜群だから二人で歩きながら家に帰るシーンは惚れ惚れ。ここの音楽も最高で!もうほんと山下達郎!やってくれるね!(何様)ラストの空港キスシーン、光からではなく杏奈からっていうのがとても良かった。ここすごい重要。光から行ってたら絶対あかんとこやったから。スキンシップも含め杏奈に引っ張られる光って構図がこの映画で一番素敵だと思いました。ドキドキとかモヤモヤとかそういう感情ではなく「お前ら幸せになれてよかったな」っていうフワフワした優しい気持ち。多分、杏奈のお姉ちゃんが抱くような感情。相葉雅紀初主演映画。いい意味でも悪い意味でもとっても相葉雅紀らしくて、キラキラと輝きながらフワフワとした優しいラブストーリーでした。


近いうちに大倉忠義のクローバーも観に行くわけだが、デビクロくんとのギャップがやばそうでどうしよう楽しみ。


2014.11.24 MIRACLE デビクロくんの恋と魔法