これはきっと初恋と同じ気持ち

アイドルに全てを捧げたい人生だった

2015.11.24 嵐グッズプレ販、京セラの戦い

2015.11.24 嵐のグッズ、京セラプレ販がありました。

参加してきました。

そこで見た戦いの一部始終をお伝えします。

覚えてるところ以外はニュアンスです。


登場人物

・ファンA

・ファンB

・ファンC

・(身長が)小さな警備員

・(身長が)大きな警備員

・その他


午前3時半過ぎ。

私は友人と京セラドームに向かいました。

0時過ぎに来た時は誰もいなかったのに、

約20人ほどが北口の屋根下で待機。

警備員さんから始発までは列を作らないと伝えられました。

大人しく屋根下に移動すると、

小さな警備員(以下:小)「あそこに荷物置いてるのは誰ですか?」

どうやら毎年列を作っているところに荷物が置いてあったようです。

1人のファンの方は荷物を回収しにいったのですが、まだ荷物があり、これを皮切りに始まりました。

警備員 vs 深夜組による「京セラプレ販の戦い」


A「列、作らへんから荷物置いてるんでしょ?荷物どかしたら前に並べる保証ないよね?」

小「列は始発までは作りません」

A「それやったら5時台の電車で来た人と同じ扱いなん?わたしら早く来てるやん」

小「……」

A「私ら優先的に並べるように誘導してくれるん!?」

他「そうだそうだ!!!」

小「……」

A「そんなん走ってきはったりするよね!?」

小「……」

A「え、どうなんですか?耳ついてます?」


小さな警備員さんは逃げて、大きな警備員さん(以下:大)の元へ


大「すいません、向こうに荷物置いておられる方いませんか?」

小も一緒になって聞く。

?「列作ってくれへんから置いてるやろ?」

大「上から始発後に誘導員が来るので、それまでは列作るなと言われておりますので…」

B「荷物どけたら誘導してくれるんか!?」

大「誘導員が来るまでは列を作らないと上から言われてますので…」

B「だからぁ!そうしたら私ら早く来たのに意味無いやろ!?今までそうやってきたんや!!!」

大「存じております、今までも見てきてますので…」

B「じゃあ並ばせてくれたらええんちゃう!?もしくは整理券配ってくれたらこんなことならへんやろ!?」

大「はい…ですが、今回は上からの指示で始発までは言われておりまして…」

小が何か言おうとするが大に(出てくんな)的な感じで止められる。


とにかく列を作らせろと言い張る深夜組

vs

上からの指示で列を作れない警備員


結局、大が折れて

大「流れで列が出来た感じで…(こちらが指示して列を作った訳ではないということにしたい)」

B「5時になったらこのままそっちに移動させてくれるんやな?」

大「それはすいません…誘導員が来てからで…」

B「誘導員来るんやったら初めから言うてや!」


主張が通ったおばさま達は上機嫌。


しかしここでまた新たな不満が爆発。

C「さっきの警備員さんの言葉遣いはどうなんですか?私たちが並んでて雨降ってきたから荷物にビニールかけて移動したら「敷地から出て行け」って言われたんですけど。会社の教育が云々…」


大は何も悪くないのにそれを聞いて

ずっと謝罪してくれていました。


その後、北口の屋根下で列を形成して待機。

5時過ぎ、大が階段のところでファンに見えないように電話してました。

しっかりは聞き取れなかったけど

「もう結構集まってるので…」

電話を切った後、大は通常の列の位置にファンを誘導してくれました。


おばさま達はさらに上機嫌になり、

大にハッピーターン渡そうとしたり、馴れ馴れしく話しかけたりしてました。



私は戦い中周りに聞こえるように普通に言いましたが、

「ジャニヲタの常識は、世間の非常識」だと思いました。

明らかにアラフォーくらいのおばさん達がこんなバトルを繰り広げるなんてドン引きです。

確かに小さな警備員さんは言葉遣いが悪く、私たちを不愉快な思いにしました。、

しかし、深夜から並ぶ我々の方がよっぽど近隣の方々を不愉快な思いにさせているのではないのかと思います。

戦の途中にやって来たファンの方が

「南口まで声響いてましたよ。友達が近所に住んでますけど、結構聞こえるみたいです」

と仰っておられました。


「今までこうやってきたから」って過去に拘る言い方ですよね。言い方を変えれば適応能力が低いというか。

名古屋札幌はこうじゃなかったとか関係ないですよね?ここ大阪ですよ?

今年からやり方が変わったのならそれに従うべきではないでしょうか。

なによりも深夜に並んでる私たちは偉いみたいな口調が不愉快で仕方ありませんでした。


元々嵐ファンが苦手な私にとっては衝撃的な出来事であり、苦手から嫌いに変わる瞬間でもあり、2度と関わりたくないと思いました。


悲しいです。ほんとに。その一言に尽きます。

同じ人を好きでいる人たちを好きになれないなんてしんどい事はないです。

だって大好きな人達に会いに行ったら、

同時に嫌いな人達に囲まれることになるのですから。

きっとこの記事を読んだ当事者の方は反論があると思います。コメントに反論を頂いてもいいですが、返事はしません。あくまで私が客観的に見てた一部始終であり、感想です。

 

取り敢えずこのまま嵐のファンでいるかどうか検討しようと思います。

ただ好きなだけなのにこの人達と同じに思われることが苦痛で仕方ありません。


かといって可愛い彼らにはなんの罪もないのでバッチリグッズは買ってきました。

マステ買うつもりなかったのに買ってしまった……


2015.11.24