これはきっと初恋と同じ気持ち

アイドルに全てを捧げたい人生だった

2016.06.30 マクベス

マクベス観劇して参りました。感想は二部構成で書いてます。ネタバレ万歳さんのみこの続きをどうぞ!


正直不安もあった。シェイクスピアの四大悲劇の一つである「マクベス」。演目が演目なだけに期待もされるだろうと。彼はそれを超えられるのだろうかと。しかし、そんな心配は無用だった。マクベスとしての彼から放たれる美しく飾られているのに深い闇を感じる言葉はまるで彼自身が今そう思って言ったかのように一体と化していた。私がグローブ座で見た丸山隆平マクベス役ではなく、マクベスそのものとして舞台に立っていた。マクベスと化した丸山隆平に私は目線も感情も全てを持っていかれた。彼が苦しめば自分も苦しくなる、彼が喜べば自分も嬉しくなる。彼から目を離したくない、離せない。そんな2時間半であった。


ストーリー展開はインターネットにいくらでも書いてあるので私が心に残ったシーンだけ記していく。


3人の魔女はマクベスにこう告げた「コーダーの領主となり、そして国王となる」そして、その後国王の遣いからコーダーの領主として任じられるのである。この時のマクベスの表情の変化が私は堪らなく好きだ。まずは予言が当たったことへの驚き、そして予言が当たるのではないかという希望、最後にコーダー領主になった喜びが出てくる。ほぼ全ての感情がプラスの感情でありながら、何故か闇を感じる演技。この闇はマクベスに芽生えた欲望であろうか。小さな闇は終焉までに大きく膨れ上がり彼自身を蝕んでいく。


妻を見つめるマクベスの目は本当に演技なのかと疑いたくなるほど夫人とに愛してると訴えかけ、夫人だけが心の支えであることを感じさせた。だからこそマクベスは夫人の言葉の全てを受け入れ実行していくのである。目で愛を伝え、唇で愛を語り、掌で愛を表現していた。そしてマクベス夫人の目からもマクベスを心から愛していることがヒシヒシと伝わってきた。今回の夫人役を演じられた安藤聖さんがパンフレットでも仰っておられたが「原作のマクベス夫人はただのオニババ。」しかし、今回は愛情というプラス要素が加えられ、マクベス夫妻がより深い愛の中で手を汚していく姿を見ることになる。綺麗なものが綺麗であればあるほど、汚いものはより際立つ。逆も然りである。全てが綺麗だったマクベス夫妻の関係はダンカン王殺害を機に一つ一つ汚れ穢れ、最後には夫婦としての関係も崩壊してしまう。精神を病んだ妻を「病人」と呼び、妻の死を聴いても泣くことすらしなかった。しかし、マクベスの表情は無ではなかった。彼の心底にある妻への愛を感じたと思ったのは私の願望かもしれない。


劇中で最も好きなのは最初と最後のマクベスだ。蝕まれる前、そして終焉を迎える前。劇中で唯一彼の心が人間だったシーンである。戦争中、軍は降伏したにも関わらず襲いかかってくる青年達を必死にかわしながら宥めるが結果的には殺してしまう。本当は殺したくない、争いたくない。そんな彼の小心者な本質を見れるシーン。そして最後のマクダフとの対峙。マクダフが女の腹から生まれてない事を知り、一旦は戦うことを諦めようとするが、再び剣を持ち刃を交えることを選んだ。マクベスが本当の意味で「男らしさ」を手に入れた瞬間に思えた。序盤では女々しく、妻に焚き付けられないと行動に移せないような小心者で心優しい彼が、命と引き換えに一番欲していた「男らしさ」を手に入れたのだ。




とまぁ、完全にシェイクスピアに影響されてクサい言葉で感想を書きましたが、此処からはオタク目線で書きます!!!


序盤、コーダーの領主任命の証として王の遣いからネックレスを受け取るんですけど、ブチって壊しててもうこっちがハラハラしましたよ!すぐにくっ付けてたけど。でもそれが生の良さ!ハプニングはつきものですから。あとサスペンダーがブーツのヒールに引っかかってしまったんですけど、手で外さずに立ち上がる勢いでバッと外したのはマジでジャニーズだった。ていうか黒のパンツにロングブーツ似合いすぎない??脚の長さが際立ってて衣装さんに頭床に擦り付けながらお礼を述べたい。そして何より!痩せたね!引き締まってたし!!私の知ってるぷに腹はどこ!?若干割れかけてたし、舞台終わる頃にはパックが浮き出てるのではないかと期待してます。キスシーンは嫉妬とかも含めて何にも思わなかったけど、腰を撫でる手つきには死ぬほどやらしさを感じた。前半にも書いたけどリアルなのよ!すごく!!ふと「彼はマクベスだけど、丸山隆平だ」って思った瞬間に何とも居た堪れない気持ちになる。身内のラブシーン覗き見してるみたいな。お兄ちゃんが彼女には連れてきて、お部屋に飲み物とお菓子持って行ってあげようとしたらラブシーン始まってて(おいおいおい!)って焦っちゃう妹とポジションでしたねあの時は。あとグッズね!日めくりカレンダー自由すぎやろ!って一緒に行った丸担さんとずっと言ってた。浴衣姿が好きかな、一番。これから毎日めくりますけど、一人暮らしじゃないから31日だけはちょっとめくり辛いよ…パンフレットは共演者の皆様が丸山さんのこと話してくれてて嬉しいの極みです。「太陽さんおはよう、いつもありがとう」って現場でやってるまるやまりゅうへい(32)相当ヤバくないですか?子供のような可愛さをまだ持ってるんですよ?そんな人がこんな悲劇役演じて目の前で見せられてるんですから惚れるなってのが無理な話ですよ。


このマクベスは丸山さんにとって大きな経験になるだろうし、これをきっかけに舞台のお仕事たくさん増えるといいな。グループ内では三枚目気取ってますけど、気質は二枚目ですからね。猟奇的殺人犯とか向いてると思うんすよ!!演出家の皆様、そういう役があった場合はどうかジャニーズ事務所所属、関ジャニ∞丸山隆平を宜しくお願いします!!!


2016.06.30 マクベス